Take medicines

長年親しまれている

Red drugs

現在、世界中にたくさんの薬があり、さまざまな病気の改善に役立っています。
うつ病や精神病の治療薬として抗うつ剤のパキシルや抗不安剤のデパス、日本人の5人に1人が患っていると言われている現代病の、不眠症や睡眠障害の治療に使用されている睡眠薬もその中の1つです。
睡眠薬の中でも特に有名な「アモバン」をご存じでしょうか?
アモバンは1989年に開発された非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、現在でも治療の際に処方されています。
睡眠薬は作用時間がそれぞれ異なっており、大きく4つに分けることができ、「超短時間型」「短時間型」「中時間型」「長時間型」というタイプに分類されます。
アモバンは「超短時間型」の睡眠薬で、服用後1時間で血中濃度が最高値になります。そして半減期はおよそ4時間となっています。この半減期というのは薬のおおよその作用時間をいいます。
超短時間型の睡眠薬は、即効性があり、薬の成分が体の中に長時間残らないという特徴があります。

睡眠薬を服用するキッカケになる不眠ですが、これにもいくつかタイプがあります。
一つは、なかなか寝付けないことを意味する「入眠障害」があります。そして、もう一つはすぐに起きてしまうことを意味する「中途覚醒」という症状があります。
入眠障害とは、ベッドに入って30分~1時間経っても寝付けない症状で、中途覚醒は、眠っている途中で目が覚めてしまい再び眠ろうとしてもなかなか寝付けない症状をいいます。
一般的には、入眠障害には超短時間型・短時間型、中途覚醒には中~長時間型の睡眠薬を処方しますので、アモバンは入眠障害に適している睡眠薬なのです。